東京で会社設立・一般社団法人設立・起業・開業の代行なら、当税理士事務所にご相談ください。【所在地域のほか新宿区・品川区・大田区など東京都全域に対応】

運営者:東京都のCentury Partners

会社設立の無料相談を実施中

お気軽にご依頼ください

お気軽にご依頼ください

03-6712-2681

会社名、商号の決め方【東京都の会社設立パートナーズ】

英語や数字で海外でも通用する会社名・商号のイメージ

最近では英語やカタカナの会社名も多いものです。。

会社名商号はどのように決めればよいのでしょうか?こちらのページでは、会社名の決め方について解説したいと思います。

また、会社名、商号に使える文字についても触れたいと思います。せっかく商号を決めても、実はその文字が使えないとなったら辛いですからね。

会社名には経営者の想いが詰まっているものですし、マーケティングを意識して考えられたりもしています。会社の目指すイメージに合わせて、固い会社名、柔らかい会社名、かっこいい会社名、かわいい会社名を考えられることもあるでしょう。会社名は重要ですので、アイディアを色々と出しながら、慎重に決めていただければと思います。

会社名・商号に使える文字

会社名(商号)に使える文字は、漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字・アラビア数字が使用できます。ローマ字が使えるので、英語による会社名をつけることができることとなります。

※アラビア数字とは普段我々が利用する「1,2,3」という表記の数字です。


使える記号には、どのようなものがあるのでしょうか。「&」「,」「-」「.」「・」「'」などが使用できる記号となります。ただし、商号の先頭又は末尾に記号を使用することはできませんからご注意ください。

※例外として「.」は、商号の末尾に使用することができます。


なお、英語の会社名としたい場合は、ローマ字を使うのですが、単語の間を区切るために空白を利用できます。

同じ会社名、同じ住所は不可

同じ住所に同じ会社名(商号)の会社を設立することはできません。

昔は、同じ地域に地域に似た名称の会社が既にある場合は、自由に社名を決めることはできませんでした。しかし、現在ではそんなことはなく、同じ住所に同じ会社名でなければ、問題ないということになったのです。そのため、会社設立において「類似商号の調査」をする必要がなくなったのです。

しかし、大手企業、有名企業を同じ社名を付けてもよいというわけではありません。こんなことをすると、敢えて同名としたものとして、訴訟を提起されるおそれがあるのです。

同じ会社名で事件を起こしている会社がないかを確認

自分で会社名(商号)を決めたら、まずは同じ会社が存在するかどうか、インターネットで検索してみてください。「会社名+詐欺」などでも調べましょう。せっかく納得のいく会社の名前をつけたのに、同名の会社が詐欺事件などを起こしていたら、自社が悪徳会社と勘違いされかねません。

英文表記を定款に記載することも可能

英文表記の設定は必須ではありませんが、決めておくと定款に記載することができます。
定款に記載していなくて使用しても特に問題はありません。

ドメインの取得が可能かどうか

会社設立後には、ホームページ用にドメインを取得することが多いでしょう。例えば、かっこいい会社名をつけて納得して登記したとしても、その後に、実はその社名ではドメインが取得できなかった、ということに気がついて後悔しないようにしてください。

会社名から業務内容も想像できるようにするのも一つの方法

会社名(商号)から、その会社の業務内容を想像できることがあります。簡単に自社がどんなサービスをしているのかを思い出してもらえるので、営業上は若干有利になることも考えられます。

覚えやすい社名

何度も口に出して言うことになりますので、ご自身にとっても取引先にとっても、覚えやすい社名にしておくのが良いかと思います。あまりにも会社名が長すぎたりすると、中々覚えてもらえないこともあるのでご注意くださいね。

会社名、商号に使える文字を検討しているイメージ。

会社名の前後には「株式会社」「合同会社」「一般社団法人」などを付ける必要があります。

よく、「前株と後株、どちらがいいですか?」と聞かれることもございます。ただ、前か後かは、どちらも自由で、どちらが有利とかはないのです。

一つの考え方としては、㈱などに省略したときに、どちらがしっくりくるかと、実際に紙に書き出しながら検討してみましょう。

全体的には、商号の前に付けるケースが多いとは思いますが、IT系のベンチャーなんかですと、後につけているケースが多いものです。

会社設立・起業・融資・税理士変更の無料相談はこちらへ

株式会社と合同会社の設立代行の東京での電話対応シーン

会社設立登記、税務処理、会計処理に関して、お気軽にお問合せくださいませ。できる限りの対応をさせていただきます。

東京で会社設立・起業をご検討の方は、こちらの電話番号へどうぞ、無料相談を行っております。

03-6712-2681

運営:東京の税理士事務所Century Partners

営業時間:9:00~18:00
株式会社設立・合同会社設立・一般社団法人設立に対応しております。

会社設立代行対応地域:渋谷区、目黒区、新宿区、品川区、港区、大田区、世田谷区などの東京都全域及び神奈川県に対応

(当税理士事務所は渋谷区の恵比寿ガーデンプレイス近くです)

会社設立の無料相談を実施しております☆

東京の会社設立の専門家集団の写真

会社設立についての無料相談はお気軽にどうぞ。我々設立のプロがしっかりとサポート致します。

03-6712-2681

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

東京会社設立パートナーズの代表者

斉藤 一生
東京 会社設立パートナーズ
(運営:Century Partners)

代表税理士ごあいさつ

親切・丁寧な対応をモットーとしております。起業に関して、お気軽に無料相談をしてください。お待ちしております。