東京で会社設立・一般社団法人設立・起業・開業の代行なら、当税理士事務所にご相談ください。【所在地域のほか新宿区・品川区・大田区など東京都全域に対応】

運営者:東京都のCentury Partners

会社設立の無料相談を実施中

お気軽にご依頼ください

お気軽にご依頼ください

03-6712-2681

会社、経営者は従業員よりも立場が弱い側面もあるからこそ、対策しましょう。

従業員からの労働問題の訴訟等に備えて損害保険加入もご検討を

労使関係のトラブルに巻き込まれた経営者のイメージ

労使トラブルに会社が経営者が巻き込まれた場合の対策は事前に打ちましょう。

会社、経営者と従業員との間でトラブルが発生してしまうことがありますので、会社設立をされている方や個人事業主の方は、トラブルの事前に損害保険に加入しておくことも一つの対策と言えます。訴訟案件が非常に多いことは皆さんご認識されていると思います。意外と保険に加入していない会社が多いものですが、損害保険に加入しておくことで安心感も得られますし、いざというときの金銭補償にも対応できるので、おすすめと言えますね。

このような保険はある意味では、従業員やそのご家族を守ることにもつながるのです。万一従業員が業務に関連して死亡してしまった場合に遺族への支払に充てることができたり、業務に関連して病気になってしまった場合にその疾病の補償に充てることもできるためですね。

今の時代、労使問題に関しては、会社や経営者よりも従業員に有利な判決が下る可能性が高いことは皆さんご存知でしょう。場合によっては1億円以上となる損害賠償金が発生することもあり、このような事態によって会社の経営が傾けば他の従業員の生活にも影響を及ぼすことになりますので、経営者はきちんと準備をしておいた方が良いでしょう。

※当税理士事務所では損害保険を取り扱っているわけではありません。サポート体制がしっかりとしていて、誠実な損害保険の代理店様をご紹介することは可能でございますので、ご相談したい方はお声がけくださいませ。

従業員やそのご家族とのどんなトラブルがありうるのか

私が保険会社からもらった資料を読んだ限りでは、以下のような損害賠償金の発生事例があります。会社設立して従業員を雇った社長さん、従業員を雇った個人事業主の方、これまでは何もなかったけれどこれからのトラブルに備えたい方のご参考となればと思います。

建設会社の従業員が工事中に脊椎損傷の怪我を負ってしまい、従業員とそのご両親から提訴された事例です。この業務災害においては、原告である従業員側が勝訴し、8,300万円の賠償金が発生しています。

飲食店で従業員が長時間労働を続けた結果として自殺をした事例もあります。ご遺族が事業者を提訴した結果、過労が自殺の原因だったものとして原告が勝訴し、9,000万円の高額賠償となっています。ちなみに過労死ラインの残業時間は80時間が目安とも言われていますが、もっと少なくても過労が原因と認定される可能性はあるでしょう。

上司から怒鳴られ続けた男性がうつ病を発生して、休職中の収入や慰謝料、治療費などの損害賠償を求めて提訴した事例もあります。こちらのケースでは6,500万円の賠償金となっています。精神障害の労災認定件数は年々増加しており、これは会社や経営者にとって大きなリスクとなってくるでしょう。

その他、女性に対するセクハラを上司が行った結果として会社が訴えられて大きな賠償金を支払うケースもあります。

会社側としては従業員の健康などに配慮をしなくてはならないのですが、どうしても目が届かなくて従業員である上司と部下の間でトラブルが起きるようなケースが最も警戒すべきところです。不幸になる従業員が出ないためにも会社が常に管理体制をしっかりとしていかなくてはなりませんが、それでも万一の事態が起きてしまった場合に備えることは重要でしょう。

どんな保険金のついている損害保険に加入すると安心?

詳しくは保険会社の方にご相談いただきたいですが、当税理士事務所では以下のようなところが大切かなと思っております。ちなみに当事務所も加入しております。

・死亡補償保険金

・後遺障害補償保険金

・入院補償保険金

・手術補償保険金

・通院補償保険金

・労災認定身体障害補償

・使用者賠償責任補償(業務中に被った怪我や病気に基づく損害賠償に対応できます)

・雇用慣行賠償責任補償(名前からはわかりにくいですが、こちらはハラスメント・不当解雇等の不当行為に起因した損害賠償金を保証する保険機能です)

 

商品開発したり、売上を生み出したり、人を育てることはもちろん重要なのですが、リスク管理をすることも経営者にとって重要な仕事であると言えるでしょう。

損害保険は会社のためだけではなく、従業員やそのご家族のためにもなる

損害保険は会社を守るためだけに入るものではありません。実際に事故にあって死亡したり後遺症が残ってしまったり、長時間労働、パワハラやセクハラでうつ病になってしまった従業員やそのご家族を守るためにも必要なのです(支払うことができる資金が豊富な会社は加入しなくても問題ないでしょうが)。

結局のところ、会社を提訴したところで、その会社が損害賠償金を支払うことができないのであれば、従業員側はお金の支払を受けることができません。中小零細企業であれば、5,000万円や1億円を支払うように命じられても、払えない会社も多いでしょう。万一の死亡事故が起きてしまい、残されたご家族が賠償金を受け取れないというのも非常に辛いことです。生活苦に陥ってしまうかもしれません。

いざというときに、しっかりと従業員とご家族を守るためにも、資金を準備できる体制を整えるということは重要なのです。

会社設立・起業・融資・税理士変更の無料相談はこちらへ

株式会社と合同会社の設立代行の東京での電話対応シーン

会社設立登記、税務処理、会計処理に関して、お気軽にお問合せくださいませ。できる限りの対応をさせていただきます。

東京で会社設立・起業をご検討の方は、こちらの電話番号へどうぞ、無料相談を行っております。

03-6712-2681

運営:東京の税理士事務所Century Partners

営業時間:9:00~18:00
株式会社設立・合同会社設立・一般社団法人設立に対応しております。

会社設立代行対応地域:渋谷区、目黒区、新宿区、品川区、港区、大田区、世田谷区などの東京都全域及び神奈川県に対応

(当税理士事務所は渋谷区の恵比寿ガーデンプレイス近くです)

会社設立の無料相談を実施しております☆

東京の会社設立の専門家集団の写真

会社設立についての無料相談はお気軽にどうぞ。我々設立のプロがしっかりとサポート致します。

03-6712-2681

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

東京会社設立パートナーズの代表者

斉藤 一生
東京 会社設立パートナーズ
(運営:Century Partners)

代表税理士ごあいさつ

親切・丁寧な対応をモットーとしております。起業に関して、お気軽に無料相談をしてください。お待ちしております。